俺達のサーキットvs俺たちのハングオン

更新日:5 日前


『ワイも88、89乗ってたデ!』

『家中さんも攻めまくりですか?』

『大川峠がメインで阪奈とかも行ってたデ』

『お~大川峠!コアですナ~汐見とかは?』

『コーナー1個しかないやん厳密にいうと4個やけど』

『確かに!でも1個やから集中できるんですわ』

『今でも単車は乗ってはるの?』

『今は95NSRSPや!』


オートバイ誌とバリマシ誌世代の家中さんと田原部員は昔話に華を咲かせていましたよ~

そんなこんな具合で過去の画像なんかを見せあいっこで~す!


月間オートバイ90年1月号

NR750写ってますね~なつかシ~

1990年の1月号のオートバイ誌とバリバリマシン誌

32年前か~懐かシ~しかもバリマシは香川特集でした


家中さん大川峠を激走‼(大阪府と和歌山県の県境にある大川峠はタイトなコーナーが多い難しいコース)泉州野郎の家中さんは大川峠がホームコース。時間があれば阪奈や助松埠頭の大津大橋や高砂にも走りに行っていた。(高砂は観心寺や裏金剛の超音速軍団の方々が走りに来てコワイのでヘタレの田原部員はちょっとしか行ったことはナイですよ~観心寺で煽られてエライ目にもあったし…)彼らの異次元の走りは中山サーキットでも目の当たりにしましたが…(速い速いと言っても簡単には形容しがたいスピードなんですよ!おっそろシーサー‼‼‼‼)


家中さんは89年式NSR250RSPをJhaカラーに缶スプレーで塗装(綺麗に塗るな~)


私は泉大津市の汐見埠頭の写真で俺サチャンピオンいただきました!

カメラマンの吉井君に感謝‼‼


バリマシでもGPゼッケンで両誌からツナギを貰いました!

バリマシはタイヤも1本貰いました!(バトラックスのBT60S)

吉井君ありがとー‼‼



しかし当時はオートバイ誌とバリバリマシン誌は犬猿の仲だったみたいです。両誌に掲載されるか否かは80%以上はカメラマンの腕です。ガメツイ私はカメラマンのたまごだった先輩の吉井君にしつこく撮影を依頼。嫌がる吉井君を無理やり汐見埠頭に連行?し撮影してもらいました!現像された数枚の写真を見て『これは両誌共に表紙や!』と確信の写真を両誌に送りました。吉井君は『同じのは送ったらあかんデ!両誌は犬猿の仲やから違うやつを送りや!』と警告してくれましたが、とにかくガメツイ私は同じ写真でエントリー!(どうせ載るとしたら同じ号やから同じ写真でも関係なんくるナイサー‼‼‼時間差があればコイツはアッチにも送ってるから掲載はやめとこうになっていたかも)当時、走り屋たちはどちらの雑誌がどうとかことはなかったと思いますがネ


他の写真①


他の写真②


私(田原部員)は中型免許を16歳で取得後にすぐ88年式NSR250R(赤白テラカラー)を購入しましたよ。同時に岡山県和気郡の中山サーキット(今は旧車イベントでえらいことになってますな)のサーキットライセンスを取得。MFJの競技ライセンスを取得する為のスポーツ走行2時間だったっけ?をすませてなんちゃってレーサーの出来上がり!国内B級ジャイ‼‼中山のライセンス取得後に89年式NSR250Rが発売されすぐに購入。汐見埠頭で投稿写真を撮ってもらって数日後ウイリー失敗してめでたく骨折。写真が掲載された両誌は病院のベッドの上で拝見いたしました~


89年は中山選手権シリーズのSP250クラスで参戦予定でしたが骨折で断念。89NSRを2台所有していたのでサーキットはSP仕様(といってもSSフクシマのドッグファイトチャンバー着けただけ)のスタンダードのNSR250Rで走行。街乗り埠頭攻めは、汐見埠頭、南港直角、ロータリーがメインでした。ヘタレの私(田原部員)は阪奈で週末お待ちかねの楽しい六尺棒投げ槍大会‼‼‼でジャックナイフ転倒とエライ目にあったので行かなくなりました(家中さんは気合が入ってます!)


90年に入り骨折の退院後すぐ89NSRで中山サーキットのスポーツ走行を開始しますが、今度は天王寺バイパスを走行中に大きな交通事故で右足骨折でまた入院(脛骨と腓骨が両方ボキボキで腓骨が飛び出してました)。加害者が飲酒ひき逃げだったこともあり新聞やテレビで報道されるくらいの大事故でした。


91年に退院後SP250クラスは諦めて90年式CBR250RRを購入し中山選手権のSP250Fクラスに参戦。鈴鹿サーキットのライセンスを取得後(鈴鹿は250Fは南コースでしかレース開催が無かったと思います)に中山選手権の第2戦かな?にオーバーレブさせまくってエンジンを壊してレース人生も終了しました~(2ストで低速域で半クラ全開とかしまくっていた自分には4ストは乗れなかったみたいでス)そもそもレブさせたのはワザとではなく、バックステップのリンクの取付ミスが原因でした。走行時にリンクが引っ掛かり中山の最終コーナーの立ち上がりの全開時にギアが抜けてオーバーレブ大会です‼そっからもう2輪はいいやと21歳で単車は引退いたしました~どうせこれ以上命を削っても周りにいた速い人たちには勝てっこナイサー!


中山選手権第1戦でSP250Fはエントリーが30台位(予選落ちナシ!)だったと思います。予選が10位で決勝9位だったかな?大外刈りロケットスタートで5位くらいまで順位を上げましたが自身のスタミナ切れと共に順位を下げて予選順位くらいの順位でチェッカー。SPクラスは黒ゼッケンに黄色数字だったので近所のバイク屋さんで白色数字ステッカーを買ってきて缶スプレーで黄色に塗りました。写真の9番はエントリーが9番目だったので9です。しかもたまたま9が無くて6を逆さまにしたような記憶が…当時は中山サーキットに計測用トランスポンダーとかは無かった。めちゃアナログで予選時はコントロールタワーで中学生のバイトみたいな感じの子供が何人も両手にストップウォッチを持って何台分も計測?していたのを目撃しました!誤差出まくりやろ~決勝終了後も上位入着10台はコントロールタワー前に車両を持って行って保管するだけでした。


鈴鹿とかはレース終了後の上位入着の何台かは決勝終了後に不正改造がないか確認するためにバラしていたんですよね~


バリマシが大川峠に取材に来た時の集合写真汐見埠頭も人が多かったけど大川峠も多い!

家中さんはドコだ?


家中さん発見‼‼



全国からエントリー


俺サ2軍!



家中さんの95NSR250RSP 自分で缶スプレー塗装!めちゃ綺麗!


缶スプレーでこんなに綺麗に塗れるってスゴイ‼‼



家中さんヴィンテージクラスを550で激走‼‼

2012年JJSFフリースタイル岸和田大会 家中さん


2013年JJSFフリースタイル和歌山大会 家中さんラストラン


一番奥がレースで使っていたクシタニのツナギ。その次が初めて買ったSTAFFUのツナギ。

その次がオートバイ誌で貰ったツナギ。一番手前は12年位前に作ったツナギ。バリマシで貰ったアイベックスのツナギは貰ってすぐにツレに3万円で売りました‼‼‼‼ハイハイ私はガメツイですよ~

こないだ実家に帰省した時に、父親から『押し入れのゴミの山?を持ってかえりや』と言われ各雑誌やツナギなどを高松に持って帰ってきました~



最新記事

すべて表示